処理方法や手数料

大きく異なる部分は、会社での財務上の処理です。
ビジネスローンは処理する際に、負債の増加に資産の増加をプラスして計算します。
ですがファクタリングは、資産の減少に資産の増加を増やす計算だと覚えておきましょう。
これは会社で所有している売掛金が減り、現金が増えるからです。
そのためファクタリングは、負債の比率を増やしたくない時に向いています。
ただファクタリングだと手数料が法律で決められておらず、かなり高額な手数料を請求する業者もいるので気を付けてください。

具体的にビジネスローンのメリットを説明すると、まず審査が緩いという面が挙げられます。
通常の銀行の審査を通過できるか不安を抱いている人は、ビジネスローンを選択しましょう。
また審査が早いので、資金が手元に届くまで早いです。
急いで資金調達をしなければいけない時は、ビジネスローンを活用しましょう。

過去に返済が滞ったり、自己破産をしたことがあったりする人は金融ブラックと呼ばれます。
すると銀行やビジネスローンの審査を通過するのが非常に難しくなるので、注意してください。
ですがファクタリングは信用情報照会がなく、金融ブラックの人でも気軽に活用できると言われています。
またファクタリングなら期日になれば、売掛金が振り込まれます。
そして売掛金の金額以下の買い取りをするので、返済ができないというリスクを回避しやすいです。
それぞれの特徴を知り、自分に合う方法を選択しましょう。

借金ではないから安心

ファクタリングのメリットは、借金に含まれないという部分です。 そのためビジネスローンを申し込むよりも、気軽に使えると思います。 また過去に破産したり、返済トラブルが起こったりしたことがある人も利用できます。 ビジネスローンに不安を抱いている人は、こちらを選びましょう。

Copyright © ビジネスローンとファクタリング何が違うの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る