会社の経営に欠かせない資金

>
この記事をシェアする

どちらの方法が向いているのか

どう処理すれば良いのか

ビジネスローンは、財務上で処理する際に負債の増加に資産の増加をプラスします。
これは、ビジネスローンは金銭を借り入れたことに該当するからです。
負債が増えると会社の印象が悪くなってしまうので、注意してビジネスローンを活用してください。
一方でファクタリングは、資産の減少に資産の増加をプラスします。
それなら負債は増えないので、これから銀行融資をする予定があり、余計な負債を増やしたくない時でも使えます。

銀行からの融資を受ける時は、信頼性が非常に大切だと忘れないでください。
たくさん融資を受けており、返済の見込みがないと判断されると融資を受けられなくなってしまいます。
そのため今後のことも考えて、利用する方法を決めましょう。

手数料が決まっていない

資金調達をする際は、手数料に注目して選びましょう。
ビジネスローンは、法律で手数料が決まっています。
しかしファクタリングは、手数料が決まっていません。
それぞれの業者で好きな金額を指定できるので、1回利用すると20パーセント以上の手数料を取られる可能性があります。

すると自分の手元に残る資金が少なくなるので、あまりにも手数料が高い業者は使わないでください。
事前に確認し、問題がないことがわかったらファクタリングを申し込みましょう。
手数料が安いファクタリング業者を探すのも良いですが、一般的にビジネスローンよりも手数料が高くなりやすいです。
どうしても手数料が安い業者が見つからなかったら、相場ぐらいの業者でも良いでしょう。


Copyright © ビジネスローンとファクタリング何が違うの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る