会社の経営に欠かせない資金

>
この記事をシェアする

借金ではないから安心

信用情報照会がない

銀行で融資を申し込む際は、信用情報照会という工程があります。
この時に過去に返済トラブルが起こったり、自己破産をしたりしていないかチェックされます。
そのような経験がある人は、資金をきちんと返済できるかわかりません。
銀行側が不安に感じるので、融資を断られるケースが多いです。

ですが、ファクタリングは信用情報照会をしません。
ですから過去に何があった人でも、問題なく利用できる面が大きなメリットです。
返済トラブルや自己破産の過去を抱えている人は、金融ブラックと呼ばれると覚えておきましょう。
1回金融ブラックになると、他の方法で資金調達をするのが難しくなります。
ファクタリングの方が手っ取り早いので、手順を調べてください。

必要な時にすぐ申し込める

借り入れの場合は、借りた金額を返済できても、利息の支払いが滞る危険性があります。
その点ファクタリングは、決められた日になれば、相手が倒産していない限り自分の会社に売掛金が振り込まれます。
そのため返済不能になるリスクが低く、安心して活用してください。
また、担保や保証人も必要ありません。

ですから資金がなくなりそうだという時に、すぐファクタリングを行えます。
会社を順調に経営するコツは、資金をしっかり確保することだと忘れないでください。
資金が足りない状態ではやりたい仕事ができませんし、トラブルが起こった時に対応できなくなります。
常に、残りの資金額を把握してください。
そして足りなくなったら、ビジネスローンやファクタリングを使いましょう。


Copyright © ビジネスローンとファクタリング何が違うの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る